積水ナノコートテクノロジー株式会社

2016年6月28日

世界初のナノ金属テキスタイル事業(masa加工)による環境配慮型商品の開発と環境負荷の低減

連絡先

積水ナノコートテクノロジー株式会社 http://sekisuinct.co.jp/index.html
蒲郡市浜町36 0533-68-4666

受賞のポイント

金属薄膜を繊維にコーティングする独自の技術により、高い遮熱効果等の優れた環境性能を持つ繊維製品を開発したことは、省エネルギーと省資源に大きく貢献するものと評価された。

概要

布地、織物といったテキスタイルに対する独自のナノ金属コーティング技術(masa技術)を開発し、世界で初めて事業化に成功した。
masa技術(特許)はナノ単位の金属薄膜を不織布や織物、編物などに、テキスタイルの肌ざわりや風合いを変えることなくコーティングする技術である。その結果、様々な付加価値(遮熱性能等)を持った高機能繊維の商品化で環境負荷低減に貢献し、また海外にも展開し、染色加工でも多く特許、実用新案を取得している。表面に独自のナノコーティング技術を施したネット(masaネット)を窓に取り付けることで、窓から室内に入る日射熱をカットできる。ネットなので網戸のサッシ枠に取付けることで風も通すことができ、夏場でも涼しい時間帯にはエアコンに頼らない暑さ対策も可能になった。

  • 遮熱 : 金属コーティング面で日差しを反射させ、日射熱をカット。窓際の極端な温度上昇を低減し、夏場の室内と暮らしを快適にサポートする。
  • UV : 紫外線をカットし、家具や装飾品の日焼け、劣化を防ぎ、人体に有害なA波、B波もカットすることで、紫外線から人体を守る。その他通気性、外から見えにくい、静電性抑制(ホコリがつきにくい)といった機能も兼ね備えている。

先駆性・独創性

世界初のナノ金属コーティングをテキスタイル商品として実現し、以来様々な分野での事業化に成功した。中でも遮熱クールネットはじめ遮熱性能により、環境配慮型テキスタイルの開発、地球環境負荷の低減に役立つ商品を生み出し続けている。

masa技術概要図

環境負荷低減効果

熱負荷低減率【冷房】

最暖1ヶ月(8/1~8/31)
熱負荷低減率_最暖1ヶ月(8/1~8/31)

夏季4ヶ月(6/19~9/30)
熱負荷低減率_夏季4ヶ月(6/19~9/30)

年間
熱負荷低減率_年間