株式会社マキタ

2018年7月25日

環境負荷低減技術の革新で、工具の国際的総合サプライヤーとして幅広い地球環境保全活動に取り組む

連絡先

株式会社マキタ http://www.makita.co.jp/
安城市住吉町3-11-8
0566-98-1711

受賞のポイント

自社開発の高効率モータとリチウムイオンバッテリを搭載した電動工具を製造し、国内外で販売するとともに、独自技術により小型ガソリンエンジンの排出ガスのクリーン化を実現したことは、環境負荷の低減に大きく貢献するものと高く評価された。

概要

園芸用の工具などにおいて、長寿命のリチウムイオン電池、高効率の自社製モータ、あらゆる姿勢で使用可能な小型軽量4ストロークエンジンなど独自の環境負荷低減技術を導入した製品を製造・販売することにより、世界中で業界をリードしている。

先駆性・独創性

高効率の自社製モータとリチウムイオンバッテリ制御技術によるエンジン製品の電動化及びコードレス化

  • リチウムイオンバッテリをプロ用電動工具メーカーとして世界で初めて採用。ブラシレスモータの開発やバッテリの高容量化を行い、エンジン製品が主であった園芸作業工具を電動化及びコードレス化した。
  • 製品使用時は、バッテリ電流・電圧・温度と放電時間を監視・制御することで、バッテリを保護しつつ高出力での使用を可能とし、エンジン製品に匹敵するパワー、作業性を実現している。
    充電時は、マイコンに記憶したバッテリの状態や使用履歴データを活用した最適充電(業界初)を行うことで、バッテリの長寿命化を実現している。

マキタミニ4ストロークエンジン(MM4)

  • 独自の潤滑システムを使い、これまでの4ストロークエンジンでは困難であった作業姿勢の制約を克服するとともに、マグネシウム合金の採用や解析技術により小型、軽量化を図り、クラス最小サイズの4ストロークエンジンを開発した。
  • 2ストロークエンジン並みの小型・高出力と、4ストロークならではの完全燃焼による排出ガスのクリーン化を実現した。
充電式の技術革新エンジンの技術革新

環境負荷低減効果

  • 電動化及びコードレス化した園芸作業用工具は、同クラスのエンジン製品と比較し、50%以上のCO2削減。
    騒音値については約10dBの低減。*当社草刈機比較
  • 2ストロークエンジンに対して4ストロークエンジンは、当社25ccクラス製品比較で、排ガス中に含まれるHC+NOxを約90%カット。
    発がん性物質を約70%カット。