中津川包装工業株式会社

2018年7月25日

強化段ボール「ナビエース」と段ボールパレット「ナビパレット」を用いた包装及び輸送の環境負荷低減

連絡先

中津川包装工業株式会社 http://www.nb-npi.co.jp/
春日井市長塚町2-12
0568-31-6161

受賞のポイント

リサイクルが容易な段ボールを、梱包物に合わせて強度や形状を工夫し、配送時の省エネルギー化を図るとともに、軽量で耐久性の高い段ボールパレットを開発し商品化したことは、環境負荷の低減に大きく貢献するものと高く評価された。

概要

中津川包装工業株式会社は、重量物包装を得意とする段ボールメーカーである。包装業界において軽くて薄い段ボールの普及が進むなか、当社は、単に包装コストの削減を追求するだけでなく、梱包作業の削減、輸送・積載効率の向上、保管の効率化、開梱性、リサイクル性も考慮し、それを実現するために強化段ボール「ナビエース」と段ボールパレット「ナビパレット」を独自開発した。

先駆性・独創性

当社オリジナルの「ナビエース」「ナビパレット」を用いることにより、内容物が1tを超えるような製品も「オール段ボール包装」を実現し、重量物包装の環境負荷低減に努めている。

ナビエース、ナビエースプラス、ナビパレット

環境負荷低減効果

省資源、軽量化、リサイクル性
重量物のオール段ボール包装による改善効果
重量物包装の事例

椅子40脚包装(160kg)
椅子40脚包装(160kg)

大型複写機包装(600kg)
大型複写機包装(600kg)

大型ロール製品の宙吊り包装(700kg)
大型ロール製品の宙吊り包装(700kg)

改善点 ケースに6脚ずつ入れていたものを40脚の集合包装化。高積み状態での梱包・運搬となるため強化段ボール製の土台を使用し、コンテナへの積載量が最大となるような寸法調整も行っている。 600kgを超える大型複写機は精密機器であるため、強度だけでなく緩衝性も考慮している。合板・鉄・発泡ポリエチレン・段ボールの4種の混成包装材からの切り替えを図っている。 両端にのみ荷重がかかる特殊な包装のため、パレットと外装を工夫して曲げ強度を確保している。余剰空間を最小限として積載効率を上げるとともに、テープレス化による工数削減も行っている。
改善効果 包装材重量 46%減
輸送効率 200%増
包装材重量 63%減
使用後の分別・廃棄処理不要
包装材重量 23%減
トータル物流費 40%減