ブラザー工業株式会社

2019年8月8日

人づくり、体制づくり、魅力ある活動づくりに努め、グローバルにつながる生物多様性保全活動

連絡先

ブラザー工業株式会社 https://global.brother/ja
名古屋市瑞穂区苗代町15番1号
052-824-2511 (代表)

受賞のポイント

世界各地で多様な主体と連携し、様々な生物多様性保全活動に継続的に取り組むとともに、世界中の人々が気軽に活動を支援できる仕組みを構築したことは、生物多様性に関する愛知目標及び持続可能な開発目標の達成に大きく貢献するものと高く評価された。

概要

ブラザーグループがグローバルにつなぐ生物多様性保全活動

40以上の国と地域に生産拠点や販売・サービス拠点を持つブラザーグループは、「ブラザーグループ環境ビジョン2050」の実現に向け、全従業員が"At your side"の精神で、企業活動のあらゆる面で地球環境への取組を展開している。
2006年から本格的に取組を開始した生物多様性保全活動では、「愛知目標」達成のため、グローバルにつなぐ取組を推進している。
2016年度は、39の拠点で自ら地域の課題解決に向けて100件以上の森林や海洋で生態系を守る活動を展開している。中でも積極的かつ継続的な活動には、クリック募金を設定し、多くのステークホルダーの参加を可能としている。

先駆性・独創性

地域毎の課題に対応し多様な生物を保全していくために、ブラザーグループでは、各拠点で独自に企画したグローバルな生物多様性保全活動を展開している。活動に当たっては、従業員の活動を中心に、多様なステークホルダーと連携し、継続性・波及性の高い取組を進めている。

主な取組事例

各種活動

啓発効果

ブラザー工業株式会社は、2018年3月、植樹活動やブラザーエコポイント、クリック募金による森林の復元と保全への貢献における「多様な主体の連携」「取組の重要性」「取組の広報の効果」が評価され、「国連生物多様性の10年日本委員会」の連携事業として、認定されている。
認定のポイントである「取組の重要性」では、社員教育、エコポイントの寄付、クリック募金、植樹活動などを世界各地で展開することで、生物多様性の保全と持続可能な資源の利用に効果の高い取組として評価を得ており、クリック募金は80万クリック/年を獲得している。