メトロ電気工業株式会社

2019年8月8日

「オレンジヒート®」の開発による加熱方法の革新と大幅な環境負荷低減

連絡先

メトロ電気工業株式会社 http://www.metro-co.com/
安城市横山町寺田11番地1
0566-75-8811

受賞のポイント

白熱電球の製造技術を応用し、独自の電気加熱技術による高効率で制御特性に優れた熱源製品を開発したことは、環境負荷の低減と低炭素社会の形成に大きく貢献するものと高く評価された。

概要

  • メトロ電気工業株式会社は、光源・熱源専門メーカーとして蓄積した白熱電球の製造技術を応用し、独自に加工した高純度カーボンフィラメントと不活性ガスを高純度石英ガラス管に封入した高出力・高効率の電気的熱源「オレンジヒート」を開発した。
  • オレンジヒートは、ガス加熱方式の代替として、各種産業分野の加熱工程に使用でき、大幅なエネルギー使用量の削減とCO2削減に貢献する。

先駆性・独創性

  • カーボンは放射効率が高く、石英ガラス管は赤外線の透過率が高いので、この特長を備えたオレンジヒートは高効率で省エネ性に優れている。
  • 品質安定性及び加工性に優れたカーボンクロスを基材とした0.08~0.60mmの薄板を独自技術でフィラメントに加工し使用している。フィラメントは、千数百度までの高温設定が可能であるが、高温でも長寿命を維持でき、数秒以内の起動・停止が可能であるため、緻密な温度制御を実現している。
  • フィラメントの板厚、スリット幅等により抵抗値を調整(特許技術)し、消費電力、発熱温度等の設定や、形状、小ロット生産等の設計自由度が高く、様々な用途に適した製造が可能である。

環境負荷低減効果

【効果の一例】
従来、ガスバーナー式が主流の低圧鋳造金型の過熱をオレンジヒート使用の電気加熱にすることで、大幅な加熱時間の短縮とエネルギー使用量の削減、作業環境の改善を実現した。