有限会社サンメンテンス工機

2019年8月8日

超硬工具の研削加工時に発生するスラッジの一連のリサイクルサービスの構築

連絡先

有限会社サンメンテナンス工機 http://www.smk-web.co.jp
名古屋市緑区鳥澄2丁目103番地
052-624-8481

受賞のポイント

超硬工具の製造及び加工時に発生する廃液からレアメタルを効率的に回収するろ過装置を開発するとともに、使用済みろ過フィルターからレアメタルを回収し再資源化するまでの一貫したリサイクルサービスを構築したことが、環境負荷の低減と資源循環型社会の形成に大きく貢献するものと評価された。

概要

  • 有限会社サンメンテナンス工機は、超硬工具の製造工程、使用後の再研磨工程で発生する加工液に含まれる超硬スラッジを、ろ過助剤(主に珪藻土やパルプ)を用いることなく、ほぼ100%捕集できる精密ろ過装置を開発した。当該装置の内部には、独自のフィルターが組み込まれており、これが精密ろ過を可能としている。
  • さらに、超硬スラッジ再資源化のために、使用済みのフィルターの回収、スラッジの取出し、成分分析、不純物除去、再生メーカーヘの委託・再資源化により、顧客のニーズに応じたスラッジの再生を行うリサイクルサービスを構築した。


先駆性・独創性

  • 超硬工具の研削加工時には、一般的にクーラント液(加工液や油等)を簡易ろ過しながら循環使用する。超硬スラッジは粒径が小さいため、ろ過時には通常ろ過助剤が添加されるが、ろ過助剤を多量に含むスラッジからの超硬成分(タングステン等)の回収は困難であり、産業廃棄物として処理せざるを得ないケースが多い。
  • 当装置は、従来廃棄物となっていたスラッジから超硬成分を回収するとともに、クーラント液や砥石の長寿命化、加工機械の洗浄等の作業性向上にも寄与している。

環境負荷低減効果

精密ろ過装置でほぼ100%スラッジを捕集し、使用済みフィルターから高純度な超硬成分の取り出しが可能である。回収したフィルターから超硬成分の再資源化までを一連のリサイクルサービスにより環境負荷低減を実現している。

  • 産業廃棄物のほぼゼロ化
  • ろ過助剤の使用量のゼロ化
  • 天然資源の使用量を削減→含有タングステンの約85% を資源化