一般社団法人しげんカフェシステムズ

2019年8月8日

家庭の資源買取りシステム「しげんカフェ」の構築と普及

連絡先

一般社団法人しげんカフェシステムズ https://shigen-cafe.com/
津島市唐臼町代官田91番地
0567-33-0012

受賞のポイント

家庭からの資源ごみを回収しリサイクルするだけでなく、回収拠点にカフェなどの地域住民の交流の場を創設するなど、独自の事業モデルを確立したことは、地域の活性化及び環境活動の推進に大きく貢献するものと評価された。

概要

2013年、古紙や空き缶の買取りセンターと喫茶店を併設する「しげんカフェ」を津島市で開業した。「すべては資源として使われていたごみの出ない時代」を取り戻せないかと考え、「集める」リサイクルから地域住民が「持込む」という新しいリサイクルシステムを構築し、行政や税金に頼らずリサイクル経済が自立できることを実証した。
2017年、一般社団法人しげんカフェシステムズを立ち上げ、家庭の資源を持込み買取りする事業を非営利でフランチャイズチェーン化するシステムを展開した。資源買取り実績は年間1,000t (2017年8月~2018年7月)であり、家庭ごみの減量とリサイクルを推進している。また、交流の場となるカフェ等とのコラボレーションにより地域活性化、高齢者・障がい者雇用も実現している。

先駆性・独創性

フランチャイズ展開

  • 地域住民から買取った資源をより良い条件で売却するためには、大量の回収量と高い分別精度、質の高い情報発信が欠かせない。各店舗の力を寄せ集めるために、「しげんカフェ」を非営利で運営力の高いフランチャイズチェーンとした。各店舗が正会員、再生資源問屋が協力会員となり、共益事業としての資源の販売と買取りをwin-winの関係で行っている。
  • 生活に身近なカフェ、パン屋等の事業者とフランチャイズ展開することにより、相乗効果で収益性を高め、経営基盤を安定化させる事業モデルとなっている。

コスト削減

  • 家庭で分別、洗浄し持込むことにより、リサイクルに掛かる収集運搬費、選別費のコストを削減し、悪臭・害虫対策も不要である。また、各店舗の回収資源をまとめて随時売却することにより、高価格化と保管場所の最小化を実現した。

地域再生の拠点事業

  • リサイクルに貢献しようとする住民の意識を効果的に生かし、「しげんカフェ」を地域住民の集いと交流拠点にすることに成功した。
  • 名古屋市北区に開設した「ソーネおおぞね」は、高齢化と空き家化が進行する県営住宅再生の拠点としての役割を果たしている。

啓発効果

家庭で分別した資源を持込み買取る仕組みであるため、「しげんカフェ」そのものがリサイクルの分別方法、洗浄の必要性、経済性などを学ぶ場となり、循環型社会の在り方を考える啓発事業になっている。
地域再生や社会的企業の新しい形として社会の注目を受け、資源循環の分野だけでなく、福祉や教育、都市再生、国際交流などの分野での視察研修、講演などを多数受け入れている。