選考方法

「専門部会」により専門的・技術的な審査・評価を行い、「選考委員会」で各賞の受賞者を選考します。
審査のポイントは次のとおりです。

【技術・事業分野】  
先駆性・独創性、環境負荷低減効果、実績・将来性

【活動・教育分野】
 先駆性・独創性、協働可能性、継続性

【分野共通】
 社会性・波及性